プロフィール


「きものを素敵に装いたい。」Ayaはそのお手伝いをする場所です。
お手持ちのお着物や帯も小物を変えただけでぐっと素敵になる。
着付けが綺麗だと「着慣れたはるねー」と言われ、着物の時はやっぱり髪もきちっとして。
コーデイネイトは着ていく場所のTPOは勿論季節感にも配慮が必要。
「だからきものは面倒だわ!」なんて言わないでください。
Ayaが全部ひっくるめてお手伝いいたします。

呉服専門店の社員だからこそ出来るご提案、顧客様から信頼を得ているコーディネイト力、毎日着物を着ている社員が行うの着付け。
みなさまをより素敵に。魅力的にするお手伝いをさせていただくのが私たちプロの仕事だと思っております。
何なりとご相談を下さい。すてき着物を着たから祇園の割烹でお食事してみたい!そんな方にはお店のご紹介や予約もさせて頂きます。
お手持ちのお着物を、Ayaへ宅急便で送っておいて着替えをして京都散策、着替えた荷物はご自宅やホテルへ・・・
なんてことも可能。いろんなわがままを言ってみて下さい。スタッフが精一杯対応させて頂きます。
「着物姿のべっぴん」が出来あがったら、胸をはって祇園の街を歩きましょう、周りの視線を感じながら、心から出るあなたの自然な笑顔は素敵ですよ!

遠藤 祥代(Endo sachiyo)

呉服屋の娘として生まれ、子供の頃から着物に囲まれて育ちました。
着物姿だと周りの方が優しくしてくれるので、観劇・お食事は勿論、講演会なども着物で出かけます!
お客様からお出掛けの際のコーデイネイトの相談を受け、着物や帯をお選びするのが私の幸せな時間です。
先ずは、行かれる場所や人数、その方のお立場など質問攻めにして、その場にふさわしい装いをご提案します。
小物の色合わせにも妥協を許さず、いつも辛口トークです。お客様にも平気でダメだしをします。(#^.^#)
こんな私でよかったらご相談下さい。

スタッフ 湯口

スタッフの湯口寿弥(Yuguchi Sumi)と申します。
祖母が着物デザイナーをしておりましたので、幼少より着物のある環境で育ちました。
そのおかげで、着物からはじまる【日本のいろんなこと】が大好きです。
観る・聴く・触れる・食す・創る…と、
たくさんの『美しい』や、『楽しい』を発信し、
皆さまに教えて頂きながら、私自身も成長していきたい!と思っています。

また、お店のある祇園は、四季折々..とても風情豊かなところです。
ふらりと遊びにきてください!お茶?お菓子??(^.^)と共にお待ちしております!

ギャラリー礼 -AYA-